行政書士を開業するのは自宅?賃貸?

行政書士事務所について

 

行政書士事務所を開業するには、事務所の場所を決めなければなりません。

 

事務所には、自宅で開業する方法と事務所用の物件を借りて開業する方法があります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

また、行政書士登録申請の際には、事務所の図面などを提出しますし、支部の事務所調査もあります。

 

自宅事務所、賃貸事務所について事務所調査の視点も踏まえながら詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

行政書士を開業するのは自宅?賃貸?記事一覧

自宅で行政書士開業

自宅で開業する場合の事務所についてご紹介します。恐らく、初めは自宅事務所で開業しようと考えている方が多いのではないでしょうか。私自身も自宅事務所からのスタートでしたので、その経験を交えて解説していきたいと思います。まずはメリットから見ていきましょう。行政書士事務所 自宅開業のメリット 事務所の賃貸料...

≫続きを読む

 

賃貸オフィスで行政書士開業

賃貸で開業する場合の事務所についてご紹介します。この場合のメリット・デメリットは、自宅事務所と反対と考えてください。では、メリットから見ていきましょう。行政書士事務所 事務所を借りる場合のメリット 高い信頼性賃貸事務所の1番のメリットは、信頼性があるという点です。お客様としては、行政書士に限らず弁護...

≫続きを読む