行政書士開業 事務所の名前の付け方

行政書士事務所 名前の注意点

 

 

行政書士事務所を開業するにあたって、事務所の名前を決めなければなりません。

 

ここでは、行政書士事務所の名前をつけるにあたっての注意点やどんな名前が良いのかなどを解説していきます。

 

 

 

 

 

 行政書士事務所の名前には注意事項がある

 

 

 

 

事務所の名前については、日本行政書士会連合会の会則で規定されています。

 

 

 

(名称の使用制限)
第 60 条の2
単位会の会員は、その事務所につ いて、他の法律において使用を制限されてい る名称又は行政書士の事務所であることにつ いて誤認混同を生じるおそれがあるものその 他行政書士の品位を害する名称を使用しては ならない。

 

 

 

事務所の名称に関する指針についても触れているので、それらをまとめますと以下のようになります。

 

 

 

 

・事務所の名称には「行政書士」の文言を明示すること

 

・※同一名称の禁止(単位会区域内)

 

・「法律」の文言の禁止

 

・他業種と誤認されるおそれが文言の使用禁止(「司法」、「税務」など)

 

・他資格の名称が含まれるものは不可(「司法書士」、「土地家屋調査士」など)

 

・国又は地方公共団体など行政主体と誤認される文言の禁止

 

・公序良俗に反するものは不可

 

※例外あり

 

 

以上の規定に反しなければ、どんな名前をつけても大丈夫です。

 

 

 

最も一般的な名前は

 

「行政書士」 + 「氏」又は「氏名」 + 「事務所」又は「法務事務所」

 

「氏」又は「氏名」 + 「行政書士」 + 「事務所」又は「法務事務所」

 

の組み合わせでしょうか。

 

個人事務所の方が多いので、個人名をつける方が多いです。

 

やはり広告塔は自分自身になるので。

 

フルネームでつける場合は、語呂や、バランスなども考慮したほうが良いです。

 

長すぎるのは言いにくかったり、覚えにくいといったように、メリットが少ないので、そのあたりはバランスを取るようにしましょう。

 

地域名をつけてもいいのですが、始めは自宅事務所から開業する方も多く、その後賃貸事務所を構える事も考慮して地域名をつけない方が多いです。
(事務所移転の際に、地域が変わる可能性もあるため)

 

また何かの都合で、別な都道府県に移転するという可能性もあります。

 

「事務所」か「法務事務所」かと、こだわる方がいますが、どちらでも構いません。

 

お客様からすると違いはわかりませんので、お好きなほうを選択して頂ければ良いと思います。

 

ただし、「法律」の文言を入れることは禁止されていますので、注意してください。

 

また、あまりにも大手っぽい名前にして実は個人事務所だった、なんて場合は、お客様の印象が悪くなる可能性もありますので、そこは気をつけましょう。

 

 

 

 

自分らしい名称に

 

 

 

個人的には、ただ自分の名前をつけるよりも、少しひねった名前の方がいいと思います。

 

特に自分の「氏」又は「氏名」があまり珍しくない場合は、変わった名称の方が、お客様の興味を引きますし、印象に残ります。

 

ありきたりの名称だと、すぐに忘れられてしまいますが変わった名前だと、必ず、「どんな意味があるのか」という話になりますし、それだけでもお客様の印象に残るでしょう。

 

これから、ずっと使っていく名称ですから、ご自身も気に入るような名前にしましょう。

 

また、事務所の理念やご自身の想いを名前に反映させるのも良いでしょう。

 

女性なら、ひらながやカタカナを使って優しい感じにするのも良いでしょうし、男性なら、固い感じにして誠実そうな印象にするという方法もあります。

 

名称は、あとで変更することができますので、申請後に使いたい名前を思いついた場合や何か問題があった場合は思い切って変更するのも手です。

 

しかし、変えすぎるのは、あまりメリットはありませんので、そこは気をつけてください。

 

色々と悩むところではありますが、自分らしい、ご自身でも愛着の湧くような名称が思いつくと良いですね。

 

 

 

スポンサードリンク

ページの先頭に戻る

関連ページ

行政書士事務所開業までの流れ
行政書士事務所を開業するまでの全体の流れを紹介します。まずは全体像をつかんでみましょう。
行政書士登録申請書の用意
行政書士開業には行政書士登録が必要です。行政書士登録に必要な申請書の種類や登録料、申請時の注意点などをご紹介します。
行政書士を開業するのは自宅?賃貸?
行政書士事務所を開業するには事務所の場所を決めなければなりません。行政書士事務所としての要件や、事務所を構える注意点などを解説します。
行政書士開業に必要な通信設備
行政書士開業にはインターネットや電話、FAXなどの通信設備が必要です。行政書士開業に適したインターネットやおすすめの通信機器ついて解説しています。ご自身の開業の際に参考にしてみてください。
行政書士開業に必要なオフィス用品を揃えよう
行政書士事務所を開業する際に必要なオフィス用品についてまとめました。 こちらを参考に必要なものを揃えましょう。
行政書士の職印 作成方法
行政書士開業には行政書士の職印が必要です。行政書士の職印を作成する際には規定のルールや注意点があります。職印の作成で困らないよう、事前に確認しておきましょう。
行政書士開業のホームページ作成
行政書士開業にあたっては事務所のホームページを用意することをおすすめします。行政書士開業に最適なホームページや業者の注意点などをご紹介します。ご自身の開業の際に参考にしてください。
行政書士会に登録申請しよう
行政書士になるには所属する行政書士会に登録をしなければなりません。 登録申請に必要なな書類や注意事項などについて解説します。
成功する行政書士の名刺
行政書士にとって必須ツールの名刺。名刺は重要な営業ツールです。名刺の作り方、渡し方ひとつで相手の印象が全く違ってきます。最適な行政書士の名刺の作り方や名刺の活用方法などを詳しく解説します。
行政書士開業の事務所調査とは
行政書士会へ登録申請をおこなうと、支部による事務所調査が行われます。行政書士の事務所調査とは、どんなものなのか、どのような注意点があるのかを解説します。
行政書士 新入会員登録証交付式
行政書士登録が完了すると新入会員登録証交付式があります。新入会員登録証交付式は登録証の交付だけでなく、会長からの祝辞や研修などもあります。新入会員登録証交付式に臨む際の注意点や流れなどをご紹介します。
行政書士開業 事務所の表札を作る
行政書士を開業したら事務所の表札や看板を設置しましょう。行政書士事務所に表札を掲示することは行政書士法施行規則で定められています。行政書士事務所の表札の作り方や設置の注意点などを解説していきます。
行政書士事務所の開業届
行政書士会への入会が済んだら、税務署に行政書士事務所の開業届を提出しましょう。また、同時に青色申告の申請もしましょう。青色申告の場合、面倒ではありますが、税制上の優遇があります。開業するからには青色申告で確定申告しましょう。